ベッド 引っ越し おすすめ

ベッドの引っ越しでおすすめなのは「引越し業者」or「レンタカー」

ベッド 引っ越し

ベッド 引っ越し 費用

ベッド 引っ越し 価格

ベッド 引っ越し 料金

ベッド 引っ越し 相場

 

ベッドは大きくて重い家具なので、引越しの時は大変ですね。
実は引越し業者はベッドを運ぶときに一度分解して運び、新居で再び組み立てているそうなのです。
あの忙しい引越し作業の合間にそんなことをしていたなんてご存知でしたか?

 

引っ越し費用を抑えるために、大きな家具だけを運んでもらうという方法があります。
ベッドだけタンスだけ冷蔵庫だけピアノだけと家具の単品を運ぶサービスもありますから、一度見積もりを取ってみませんか?
単品の運送も一括見積もりできますので、ぜひ賢くご利用ください。

 

ベッド 引っ越し 平均

 

引っ越し業者一括見積もりなら、一度住所などの情報を入力すれば複数の引越し業者から見積もりを取ることができます。
簡単・便利なのに、利用料は無料ですからお気軽にご利用くださいね。

 

今はいろいろな引越し業者見積もりサイトがあります。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

 

ベッドの引越しをレンタカーで行う場合

 

ベッド 引っ越し レンタカー

 

ベッドを運ぶのに、自分でレンタカーを借りて運ぶのはどうだろうと考えませんか?

 

普通免許で運転できるトラックは2t未満です。
普段からトラックを運転する人ならともかく、自信がない方は小回りが利く軽トラックがオススメです。

 

軽トラックの荷台は長さ194cm×幅141cmですから、ダブルベッドのサイズとほぼ同じくらいです。

 

シングルベッドかセミダブルなら、もしかしたらそのまま運べるかもしれませんがやってみないと分からないところが怖いですね。
トラックを借りたは良いけど、ベッドが載らなかった場合は最悪です。
その他の大きさのベッドはやはり一度分解して運ばなければなりませんから、時間がかかります。

 

ちなみに軽トラックのレンタル料は1日7000円〜10000円ほどかかります。
最後にガソリンを満タンにして返却しなければなりません。

 

近距離であれば1日もあれば充分運ぶことが可能ですが、遠距離の時は自分で運ぶメリットはかなり少ないようです。
レンタカーは借りた営業所と違う営業所に返却することができますが、手数料がかかるからです。
2つの営業所の距離が遠ければ遠いほど、手数料は高くなります。

 

 

引越しの時期と値段

 

引越し 繁忙期

 

引越し費用は、条件を変えるともしかしたら今よりも安くすることができるかもしれません。
どんな条件で引越しをしたら、もっと引越し費用が安くなるのでしょう?

 

まず引越ししたい人が少ない日を狙いましょう。
ズバリ平日です。

 

引越しの予約は土日祝日、月末・月初め・そして大安が多めになります。引越し業者もその辺は割引がなかなかできません。
逆に平日や仏滅は予約が少ないため、引越し料金は割引されやすく、結果として引越し費用が安くなる傾向にあります。

 

時間でいうと午前中は人気があるので、料金的に言えば午後からの引越しが良いです。
多くの人が午前中から引越し作業をしたいと思っています。無駄がありませんから当然ですね。

 

午後は前の人の引越しが長引いたり、道路が渋滞して予定通りの時間からスタート出来ないこともあります。
しかしそのリスクがある分、午後便は午前便よりも割引されることがあるので時間に余裕がある方にはオススメです。

 

またこちらからは時間を指定しないフリー便は、引越し業者にもメリットがあるため割引される条件です。
時間に余裕のある方にオススメです。

 

 

自分で運ぶ自力引っ越しの場合

 

自力だと自家用車で運べる人はあまりいないと思います。だいたいの人がレンタカーですね。

 

レンタカーでベッドを頑張って運ぶなら、レンタカー代が、軽トラックで運んで6000円くらい、普通のトラックやハイエースのワンボックスで1万円くらいです。

 

ひとりでは運べないので、他に手伝ってもらえる人が必要です。ベッドをばらすとなると結構手間がかかります。

 

自分で運ぶときは、保証がありませんのでキズが付かないように気をつける必要があります。手伝ってもらった人に修理代は請求できませんからね。

 

この方法は、自分が頑張ってとにかく安くしたい人におすすめです。

 

 

 

引越業者に頼む場合

ベッドを配送してもらう

引越業者はもちろんベッドだけでも運んでくれます。

 

引越業者は、
1.トラックの大きさ 2.作業員の人数 3.時間(距離)
で引っ越し料金を決めることになっています。

 

ベッドと他の荷物を合わせて運んでも、同じ値段の場合もあります。
なので、ベッドだけ運んでもらうのはもったいないですよね。

 

おすすめの方法は、ベッドを運べるトラックに
その他の荷物も積めるだけ積んでもらう方法の「トラック積みきり」です。

 

積めるだけ荷物を積んでもらって残りのダンボールなどは自分で運ぶというやり方です。
ちょこちょこ自分で運ぶつもりだった人に最適の方法です。

 

 

引っ越し屋さんによって値段が違うので、数社に見積もりをとってみるといいです。
条件が明確なので簡単です。
条件がベッドだけですので値段の比較が簡単にできます。

 

=>引越し比較サイトはこちら

 

 

 

自力引っ越しも、業者に頼むのも一度検討してみてください。
自分のスタイルに合わせて、最適な引越し方法を見つけて下さい。