ベッド 引っ越し おすすめ

ベッドの引っ越しでおすすめなのは「引越し業者」or「レンタカー」

ベッド 引っ越し

ベッド 引っ越し 費用

ベッド 引っ越し 価格

ベッド 引っ越し 料金

ベッド 引っ越し 相場

 

ベッドは大きくて重い家具なので、引越しの時は大変ですね。
実は引越し業者はベッドを運ぶときに一度分解して運び、新居で再び組み立てているそうなのです。
あの忙しい引越し作業の合間にそんなことをしていたなんてご存知でしたか?

 

引っ越し費用を抑えるために、大きな家具だけを運んでもらうという方法があります。
ベッドだけタンスだけ冷蔵庫だけピアノだけと家具の単品を運ぶサービスもありますから、一度見積もりを取ってみませんか?
単品の運送も一括見積もりできますので、ぜひ賢くご利用ください。

 

ベッド 引っ越し 平均

 

引っ越し業者一括見積もりなら、一度住所などの情報を入力すれば複数の引越し業者から見積もりを取ることができます。
簡単・便利なのに、利用料は無料ですからお気軽にご利用くださいね。

 

今はいろいろな引越し業者見積もりサイトがあります。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


 

 

ベッドの引越しをレンタカーで行う場合

 

ベッド 引っ越し レンタカー

 

ベッドを運ぶのに、自分でレンタカーを借りて運ぶのはどうだろうと考えませんか?

 

普通免許で運転できるトラックは2t未満です。
普段からトラックを運転する人ならともかく、自信がない方は小回りが利く軽トラックがオススメです。

 

軽トラックの荷台は長さ194cm×幅141cmですから、ダブルベッドのサイズとほぼ同じくらいです。

 

シングルベッドかセミダブルなら、もしかしたらそのまま運べるかもしれませんがやってみないと分からないところが怖いですね。
トラックを借りたは良いけど、ベッドが載らなかった場合は最悪です。
その他の大きさのベッドはやはり一度分解して運ばなければなりませんから、時間がかかります。

 

ちなみに軽トラックのレンタル料は1日7000円〜10000円ほどかかります。
最後にガソリンを満タンにして返却しなければなりません。

 

近距離であれば1日もあれば充分運ぶことが可能ですが、遠距離の時は自分で運ぶメリットはかなり少ないようです。
レンタカーは借りた営業所と違う営業所に返却することができますが、手数料がかかるからです。
2つの営業所の距離が遠ければ遠いほど、手数料は高くなります。

 

 

引越しの時期と値段

 

引越し 繁忙期

 

引越し費用は、条件を変えるともしかしたら今よりも安くすることができるかもしれません。
どんな条件で引越しをしたら、もっと引越し費用が安くなるのでしょう?

 

まず引越ししたい人が少ない日を狙いましょう。
ズバリ平日です。

 

引越しの予約は土日祝日、月末・月初め・そして大安が多めになります。引越し業者もその辺は割引がなかなかできません。
逆に平日や仏滅は予約が少ないため、引越し料金は割引されやすく、結果として引越し費用が安くなる傾向にあります。

 

時間でいうと午前中は人気があるので、料金的に言えば午後からの引越しが良いです。
多くの人が午前中から引越し作業をしたいと思っています。無駄がありませんから当然ですね。

 

午後は前の人の引越しが長引いたり、道路が渋滞して予定通りの時間からスタート出来ないこともあります。
しかしそのリスクがある分、午後便は午前便よりも割引されることがあるので時間に余裕がある方にはオススメです。

 

またこちらからは時間を指定しないフリー便は、引越し業者にもメリットがあるため割引される条件です。
時間に余裕のある方にオススメです。

 

 

引越しのおおよその手順

 

引越し 手順

 

引越しにはすることが多いので、先におおまかな手順を確認しておいてくださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

まずは新居を素早く探して決めましょう。
その後で引越し業者に見積もりを依頼して、一番条件の良い引っ越し業者と契約しておきましょう。

 

引越し料金は荷物の量が多ければ多いほど、値段が高くなります。
なぜなら荷物が多いほど大きなトラック、多くのスタッフ、多くのガソリンが必要となりますから、その分の費用が当然高くなるのです。

 

ですから不用品はどんどん引越し前に処分をして荷物を減らし、使わないものから梱包していきましょう。

 

市外への引越しの場合は、市町村役場で転出届を提出してください。
転出届は引越しの2週間前から提出することができます。

 

出し忘れると非常に面倒です。
提出しに前の市町村役場に戻るか、電話で連絡をして書類を郵送してもらって記入後に送り返すなどの手間がかかります。
それと市町村役場に行きましたら、国民年金や国民健康保険の手続きが必要かも聞いてください。

 

2週間くらい前になると電気・ガス・水道業者に連絡して、引越し日までの費用を日割り精算してもらうように手配しましょう。
手続きの方法は各会社で異なりますので、まずは電話で確認してくださいね。
もし同一市内での引越しであれば、引越し日からは新居で電気・ガス・水道を使えるように手配してもらいましょう。

 

引越ししたからといって、郵便物が届かなくなるのは不便ですね。
最寄りの郵便局に行って「転送届」を提出すれば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。
この1年間に引越ししましたという連絡を、友人や知人に手紙やメール、LINEなどでお知らせしておきましょう。

 

引越しの当日、運ぶものはすべて引越し業者におまかせして、あなたは家具・家電の配置をスタッフに指示してください。
あらかじめ決めて紙に書いておくと便利です。

 

引越しスタッフが運べないものもあります。
貴重品、高級品、貴金属、お金、パソコンのデータ、遺影、位牌など大事なものは自分で運ぶようにしましょう。
これらは破損して保険を使ってもお金で解決できるものではありませんので、大事にしてください。

 

引越ししてから2週間以内に新居に最寄りの市町村役場に行き、市内引越しなら転居届を市外引越しなら転入届を提出しましょう。
これで選挙のお知らせ、税金のお知らせなどが届きます。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険証など身分証明書になるもの、銀行やクレジットカード会社、保険会社などにも住所変更をお知らせしてくださいね。
面倒だからと放置すると大事なお知らせが届かなかったり、いざ保険などを使おうと思っても使えないなどのトラブルになりかねません。
忘れないうちに行ってください。

 

 

引越しでの粗大ごみの処分

 

引越し 粗大ごみ

 

長く住んでいると必ずいらないものが出ます。
買うのは楽しいですが、捨てるのは億劫でついつい後回しになっていませんか?

 

もし引越しがきまったのなら、いらない大きな家具や家電も処分する方法を考えてください。
家具は大きいので新居に持っていこうとすると大きなトラックが必要になるため引越し費用がかさむ場合もあります。

 

新居に運んではみたものの、やっぱりいらないから捨てようというのは実に勿体ないです。

 

粗大ごみは市区町村によって回収方法が違います。

 

自治体によって名前が違いますが、クリーンセンターやリサイクルセンターなどで処分されます。
回収方法は@お金を払って取りに来てもらうか、A自分で持っていくかの2通りです。

 

@ですが、まずは電話で連絡をして引き取りに来てもらう日を予約します。そしてコンビニで粗大ごみシールを大きさによって決まっている金額分買って、粗大ごみにシールを貼ります。それを約束の場所に時間以内に置いておけば業者が回収に来てくれます。
粗大ごみ1つにつき、シール1枚が必要です。ついでに持っていってはくれませんのでご注意ください。

 

Aのほうは、電話で持って行く日にちと時間を予約して、その時間に粗大ごみを持って行きます。
捨てたいものの名前を聞かれますので、複数あるときは忘れないようにメモしておきましょう。
自分で持ち込む場合は粗大ごみシールを貼る必要はありません。

 

詳しくはお住いの市区町村の役場のホームページで確認してください。

 

ただし注意が必要な家電もあります。

 

エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などは家電リサイクル法により粗大ごみ扱いではないため、家電を購入した家電量販店でのリサイクルが必要です。

 

 

引越しのキャンセル料

 

引越し キャンセル料

 

引越しを依頼していたけれども、どうしてもキャンセルせざる得ない場合もあります。
引越し業者へのキャンセル事情、どうなっているのでしょう?

 

引越し業者に依頼した仕事をキャンセルする場合、キャンセル料などはいつからそしていくらくらいかかるのでしょうか?

 

引越し業者のキャンセル料に関しては国土交通省が作った「標準引越運送約款」の第二十一条に書かれています。
要約すると、以下の通りです。

 

・キャンセルがお客様の都合によるものであること。

 

・キャンセル料は引越し前日か当日のキャンセルのみ請求できる。

 

・引越し前日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の10%以内

 

・引越し当日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の20%以内

 

・この他に、すでに実施したり着手したサービスについては費用を請求できる。
※ダンボールなどを使った場合は、ダンボール代を請求できるということ。

 

このように引越し業者が好きなだけキャンセル料を設定できるわけではないのです。

 

しかしキャンセルは少なからず引越し業者に迷惑をかけます。
せめて次の契約者が探せるくらいの時期的な余裕は欲しいと思います。

 

最初からキャンセルするつもりの方はいないと思いますが、事情ができてキャンセルせざる得ない場合は早めに引越し業者に連絡して解約手続きを行ってくださいね。

 

 

自分で運ぶ自力引っ越しの場合

 

自力だと自家用車で運べる人はあまりいないと思います。だいたいの人がレンタカーですね。

 

レンタカーでベッドを頑張って運ぶなら、レンタカー代が、軽トラックで運んで6000円くらい、普通のトラックやハイエースのワンボックスで1万円くらいです。

 

ひとりでは運べないので、他に手伝ってもらえる人が必要です。ベッドをばらすとなると結構手間がかかります。

 

自分で運ぶときは、保証がありませんのでキズが付かないように気をつける必要があります。手伝ってもらった人に修理代は請求できませんからね。

 

この方法は、自分が頑張ってとにかく安くしたい人におすすめです。

 

 

引越業者に頼む場合

ベッドを配送してもらう

引越業者はもちろんベッドだけでも運んでくれます。

 

引越業者は、
1.トラックの大きさ 2.作業員の人数 3.時間(距離)
で引っ越し料金を決めることになっています。

 

ベッドと他の荷物を合わせて運んでも、同じ値段の場合もあります。
なので、ベッドだけ運んでもらうのはもったいないですよね。

 

おすすめの方法は、ベッドを運べるトラックに
その他の荷物も積めるだけ積んでもらう方法の「トラック積みきり」です。

 

積めるだけ荷物を積んでもらって残りのダンボールなどは自分で運ぶというやり方です。
ちょこちょこ自分で運ぶつもりだった人に最適の方法です。

 

 

引っ越し屋さんによって値段が違うので、数社に見積もりをとってみるといいです。
条件が明確なので簡単です。
条件がベッドだけですので値段の比較が簡単にできます。

 

=>引越し比較サイトはこちら

 

 

 

自力引っ越しも、業者に頼むのも一度検討してみてください。
自分のスタイルに合わせて、最適な引越し方法を見つけて下さい。